ベーマガ1999年11月号が290円

ファミ通の「メガドライブミニ2」の生放送(録画)を観たのですが、その中で、サイバースティックの端子を「15ピン」と言う場面があり、そこは間違えたらダメだろ!、と妙に腹が立った。

こういうのはよくあります。オタクの逆鱗というのか。

当然、相手には悪意はありません。

 

話は飛びますが、三才の「ゲーム雑誌ガイドブック」というKindle本。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07YZCZPRK/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ここで試し読みとして、ベーマガの紹介ページが無料で読めるのですが、本文の、、、

「1999年4月号でベーマガはリニューアルを図り

(中略)

ゲーム雑誌としてのベーマガは役割を終えたのでした。」

って、なんだこりゃ。

ゲーム雑誌として終わったのは、2001年3月号では?

認識が2年近くもズレてるのは、どういうことだろう。書いてる人には悪意はないと思いますが、200号記念のキャプションでの「ゲーム雑誌としてのベーマガが完全に終わった瞬間だった。」とか、いちいちカンに触る。これも逆鱗。

 

↑ 参考までに、2001年3月号のゲーム関連の目次がこちら。

次号(2001年4月号)からゲーム関連記事が一切無くなります。

 

ここからが本題なのですが、

先ほど駿河屋のページを見たら、ベーマガ1999年11月号の中古が290円で売ってました。

いくらなんでも安すぎる。。

(右側にあるスーパーソフトマガジンも相場の半分以下では? 理由はわかりませんが、凄まじい価格破壊。)

 

ベーマガ1999年11月号といえば、水樹奈々さん特集が載ってる号。

モノクロ2ページのために、わざわざ水樹奈々さんが電波新聞社まで来たってのが、ありえなさすぎる。超貴重記事。

あと、1999年11月号といえば、ゲームイベント「ECTS」の特集記事が必見です。ECTS特集は、次号の1999年12月号にも載ってますが、あとがきによると、取材に投じたお金は22万円とのこと。これぞまさにベーマガ・イズム。

これだけでも1000円くらいの価値はあるんじゃないかと思います。

というわけで、「ゲーム雑誌として完全に終わった」とか言われてる1999年4月号以降のベーマガでも見どころはありますので、読んでみてはいかがでしょうか。

 

CYBERSTICKをメガドライブに接続する

www.youtube.com

CYBERSTICKをメガドライブに接続する変換器です。

CYBERSTICKの工作ネタは長年封印していたのですが、今やらずにいつやるのか?!ということで、大急ぎで作ってみました。

謎の義務感です。

 

いつものように「アフターバーナーII」で動作確認しました。

 

「Multiway pad converter」はメガドラのアナログパッドに対応済みです(XE-1APのMDモード互換)。この技術を応用します。

 

追加用の回路。

以下の点を変更するだけです。

・CYBERSTICK用のボタン入力処理を実装。ベーマガ1990年10月号が参考になります。

・CYBERSTICK用にDsub9pinオスのコネクタを追加。ACKだけで同期を取って、LHを省略しました。

メガドラへの送信データ(11ニブル)の順番を入れ替える。

↑CYBERSTICKとXE-1APでは順番が違うので、こんな感じに入れ替える。

GitHub - nicotakuya/multiway-pad-converter

こちらでソースを公開しているので、詳しくは「cyber_to_megadrive」関数を読んでください。

*言い忘れましたが、メガドラを起動したら一旦リセットしてください。それでアナログパッドの検出をやり直します。

 

なお、ベーマガの1989年12月号には、開発中の「アフターバーナーII」と、XE-1AJを接続した状態のメガドライブが掲載されています(戦略方針発表会のレポート記事より)。CYBERSTICKはシャープの商品なのに対して、XE-1AJはマイコンソフトの商品です。

最終的にメガドラ仕様のXE-1AJは発売されず、パッド型のXE-1APが発売されました。

XE-1APはPCモードとMDモードの2つを搭載しています。一方、CYBERSTICKはPCモードだけです(パソコンの周辺機器なので当然ですが)。

 

 

アルカノイドIIのVSモード対応コントローラの自作

www.youtube.com

 

ファミコン版「アルカノイドII」のVSモード対応のパドル・コントローラを自作してみました。Multiway pad converterにオマケ的に機能を追加しました。2人同時プレイ用コントローラですが、1人プレイ時でも問題なく使うことができます。

VSモードというのは対戦モードのことです。PONGそっくり。

 

もう少し説明します。

ファミコン版の「アルカノイド」シリーズには回転するツマミが付いた特殊なコントローラが付属しています。これをパドル・コントローラと呼ぶことにします。

 

アルカノイド「初代」と「II」とでは、パドル・コントローラの仕様がちょっとだけ違います。「II」に付属するパドルには、拡張端子が付いていて、パドルを増設することができます。右の方法だと、無限に接続ができてしまいますが、ファミコンは2台までしかパドルを認識できません。

 

仕組みは単純で、「II」では拡張端子のピンの割り当てを2本増やしてるだけです。

4番ピンがプレイヤー2用のパドルの位置データ、5番ピンがプレイヤー2用のボタンの状態です。

クロックやラッチの信号線はプレイヤー1と2で共通です。

アルカノイド用のパドルコントローラは、過去に作ったことがあるので、それにプレイヤー2用の処理を付け足すだけで作ることができました。

 

VSモードですが、クセのある仕様です。

メニューから「VS」→「FRIEND」を選ぶ時、ここでSTARTボタンを押してしまうと、以後は備え付けのコントローラだけの操作になります。パドルに触れても無反応です。なので、パドル側にあるボタンでスタートしないといけません。

 

VSモードは戦略性がなかったり、冗長だったり、ゲームとして、面白味に欠けます。

PONGの現代版を作ったら面白くなるのでは?!

と、大いに期待したら、思い切り肩透かしを食らわされました。パドルが2人同時プレイに対応しているのは、このVSモードだけです。

実にもったいない出来。

 

あと、DualShock2のアナログスティックでも遊べるように対応しました。

バウスを少しだけ動かすというのが、やりにくい。一気にズドンと動いてしまいます。

しかし、アナログの感度を落とすと、デジタルのコントローラと同じになってしまいます。やはり、ツマミで動かしたいところです。

XE-1AP互換品を作ってPCエンジン版「アフターバーナーII」を遊ぶ

高すぎる「XE-1AP」の中古品にブチ切れてスタートした「XE-1APの互換品を作る試み」。その後、「12種類に対応するパッド変換器(12way pad converter)」という万能パッド変換器のプロジェクトに統合しました。

1年半くらい続いていて、まだ完成していません。

 

メガドラ版「アフターバーナーII」をアナログモードで遊ぶことには成功していたので、今回はPCエンジン版「アフターバーナーII」をアナログモードで遊んでみました。PCエンジン側はXHE-3を中継したXE-1APとして認識します。

操作は以下のように割り当てました。

・R1→A(空対空ミサイル)

・R2→B(バルカン砲)

・START→START

・右スティックY→スロットル(スピード)

・左スティックX&Y→スティックX&Y(上下左右移動)

 

PCエンジン版「アフターバーナーII」はハードの限界を超えてて、奇跡のような出来。本作について、ファミ通(1991年2月22日号)で「ぜんぜんおもしろくない」と書かれていたんですが、あれは一体、何だったのか?

PCエンジンアフターバーナーIIがアナログパッドに対応している」ということは、説明書には載っていません(スタッフクレジットに「ANALOG DRV」の文字だけ載ってます)。発売直後は秘密でした。サイバースティックでも遊べますが、パソコン用の周辺機器なので、公式では認めてないんじゃないかと思います。

公式で認めているのはXE-1APだけです。変換器のXHE-3が発売されたのは1992年なので、XE-1APを持っていてもPCエンジンで使えない、という地獄のような期間が1年以上続いていたことになります。

 

www.youtube.com

 

最初、アフターバーナーIIをプレイしたら、スティックのX軸とY軸が入れ違って動いてしまって、そこで、自分の資料にミスがあることを発見(1年半ぶり)。

過去に作ったプログラムも全部X軸とY軸が逆になってて、あわてて直しました。なんともお恥ずかしい限り。

 

ちなみに「アフターバーナーII」の開発はビッツ・ラボラトリー。プログラマさんはサターンBASICと同じ人です。

 

話を戻すと、「12種類に対応するパッド変換器」は回路図なしで、いきなり基板を作ったら、干渉したり、パターンのミスがあったり、問題点が噴出しまくってました。このまま、素材ゴミになるところを、ドリルで復活。

この基板の代金で、XE-1APが買えます。

 

プレステ用のコネクタは、Kingworldさんの「2pcs Black 9 Pin 180 disgree Female Connector Game Controller Socket Slot for PS2 Console for playstation2 accessory」というのを買ってみました。価格は2組セットで136円+送料。端子の素材が良くなくて、うまくハンダがくっ付きません。

 

秋月で580円で買ったOLED(SSD1306)を搭載。応答性が良いです。モノクロ128x64pixelなので、VRAMを確保するだけで1KBも使ってしまいます。

自作の8x8pixelフォントを二倍に拡大して表示しています。

 

対応するパッドの数が増えてしまって、14だったり15だったりするので、「Multiway pad converter」と名称を変更しました。

メガドラ6ボタンパッド、アルカノイドコントローラ、クレイジークライマー専用コントローラ、セガマウスの互換品作りもこのプロジェクトに統合しています。

最新版のファームウエアと回路図はこちらで公開中。Arduino Pro miniがあれば動くので、ブレッドボードで再現することも可能です。

github.com

 

問題点を直したバージョン。安全が確認できたら、基板のCADデータもそのうち公開します

 

(2022/06/22追記)コネクタの位置が気に入らなかったので、直しました。基板の面積を約15%縮小。ネジ穴をCタイプ基板に合わせました。

さすがにこれに25,000円は払えないので、何かの別の機会があった時に作りたいです。

 

(2022/6/27)サイズをさらに縮小。右のプレステのコネクタは端子をL字にすると、もう8mmくらい小さくできるはず。

 

nicotakuya.hatenablog.com

nicotakuya.hatenablog.com

Atmel Studio7からMicrochip Studio for AVRへの移行

AVRマイコンの開発環境は「AVR Studio4」→「AVR Studio5」→「Atmel Studio6」→「Atmel Studio7」と目まぐるしく変わってます。

最新の開発環境は「Microchip Studio for AVR」です。買収されて、Atmelの名前が消滅しました。

 

「Microchip Studio for AVR」は「Atmel Studio7」で作ったプロジェクトを読み込む機能が付いていますので、問題なく移行できる、、、かと思ったら、ビルド時にエラーが出てしまいました。

 

f:id:nicotakuya:20210617031317p:plain

タイムアウトエラー

そこで、「ATmega_DFP 1.2.132」というパッケージのダウンロードを試みたのですが、タイムアウトエラーが出て、何度やってもダウンロードが完了しません。

「microchip studio Pack Manager timeout error」で検索したら、同じトラブルを抱えてる人が居て、それによると、以下のページから、パッケージをダウンロードすると良いそうです。

 

packs.download.atmel.com

 

f:id:nicotakuya:20210617031344p:plain

Pack Managerでファイルの追加

「ATmega_DFP 1.2.132」を手動でインストール。

 

f:id:nicotakuya:20210617031413p:plain

ビルドに成功

無事にビルドできるようになりました。いったい何だったんだ?

Arduinoに慣れてしまうと、この開発環境が面倒だと思ってしまいます。

以上のトラブルは1年半くらい前に自分が遭遇した現象なので、すでに解決されている可能性があります。

 

(1年半ぶりに)今、Pack Managerで確認すると、ATmega_DFPのアップデートがあったので、インストールしてみました。今回は、エラーはなく、無事にダウンロードできました。

アップデートの効果は不明です。

 

f:id:nicotakuya:20210617124544p:plain

XC8をアンインストール

あと、Microchip Studioをインストールすると、「MPLAB XC8」というCコンパイラが一緒にインストールされますが、100%いらないです。アンインストールしました。