ダイソーのマスクが6倍に値上がり

ダイソーでマスクを見かけて、思わず買ってしまいました。

f:id:nicotakuya:20200712192918j:plain

ダイソー製マスクを比較

去年、同じお店で買ったマスク(左)と今回買ったマスク(右)を比べてみました。

中身はまったく同じですね。

どちらも値段は100円+税です。

ですが、、、マスクの数が20個入り→3個入りに減ってしまってます。6.66倍の値上げです。今までが安すぎたとも言えますが。

あと、去年のマスクは「飛沫ウイルス」PM2.5対応」をアピールしていたのですが、最新版では無くなりました。さらに「マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません」という注意書きが加わり、トーンダウンしています。

若松通商でロジックICを買う

電子工作での悩みの種が、ロジックICの入手方法です。

昔はよく鈴商で買っていましたが、残念ながらお店が通販に移行してしまいました。鈴商さんの通販はクレジットカード非対応です。事前に連絡したら、お店で支払ったり、商品を受け取ったりできるみたいです。

種類の豊富さでいえばDigi-Keyが最強ですが、どうしても割高になってしまいます。最近は6000円以上なら送料無料になるようです。

最近だと秋月通商でもロジックICを売り始めたのが心強いですね。

あと、千石電商の通販、もしくは地下1階で買うのもいいかなと思います。

今回はDIP版「74HC161」が必要になったのですが、 検索した感じだと、若松通商に在庫があったので注文してみました。Webサイトに商品写真が無いのが心配ですが、、、まあ、よくあることです。送料は業界最安値の300円。クレジットカードにも対応しています。

f:id:nicotakuya:20200602094402j:plain

秋葉原マップのオマケ付き

あっという間にネコポスで届きました。素晴らしいです。

いっしょに秋葉原の地図が入ってました。「2020.5.7現在」と書かれているので、新しいと思います。

 

f:id:nicotakuya:20200602094240j:plain

74HC161

今回買った74HC161です。

DIY FCカートリッジのサンプルプログラム修正

https://sites.google.com/site/yugenkaisyanico/diy-fc-cartridge

数か月ぶりに自作ファミコンカートリッジのサンプルプログラムの不具合を修正しました。

f:id:nicotakuya:20200709103148j:plain

動作が正常な場合

正常に動くと、こんな感じですが、、、。

 

f:id:nicotakuya:20200709104520j:plain

異常な場合。パターンテーブルが壊れてる

その後、ファミコン本体のリセットボタンを押すと、こんな感じに表示が化けてしまいました。これはPPUが動作中にパターンテーブルを書き換えようとして、書き換えに失敗するという現象です。

対策としては、

(1)VBlankが発生するまで待つ。

(2)スプライトとBGの表示をオフにする。

という処理を電源投入直後に追加しました。こうすれば、安全にパターンテーブルを書き換えることができます。

この不具合は実機だけで発生するので、発見が遅れてしまいました。修正版のプログラムはすでに公開済みです。

愚かなバイヤーは購入

Ali Expressで検索してみたのですが、ゲームは99%が違法コピーという凄まじい状態ですね。いや、100%かもしれない。

「Super Maruo(Marioではない)」とか「烈火」とか「Gimmick!」が売ってるところ見ると、コピーする側が何がレアなのかしっかり理解しています。「ロックマン」のハックロムをわざわざ売ってたりとかカオスすぎます。

 

f:id:nicotakuya:20200705135659p:plain

愚かなバイヤー

とあるショップで

「愚かなバイヤーは購入!」

 というフレーズを発見。「バイヤー」はお店の店員じゃなくて、お客のことを指してるようです。

これはパッと見ると意味不明ですが、原文が

「stupid buyer don't buy!!(バカな客は買うな!!)」

なので、逆の意味に翻訳されています。

最初、何に対して「バカ」なのか、意味がわかなかったのですが、 どうやらコピー品であることに気付かない客はバカ、ってことなんですね。

過去に「コピー品だ」とクレームが来て、それで逆ギレしてるのでしょうか。文化の違いを感じます。

 

 

 

ベーマガ1991年3月号「アルケー」

f:id:nicotakuya:20200708142841j:plain

29年前のベーマガ

29年前のベーマガですが、この世で2人くらいしか知らないネタがあるので、書いておこうと思います。

 

f:id:nicotakuya:20200708152722p:plain

ベーマガ1991年3月号

ベーマガ1991年3月号に掲載された「アルケー」。このプログラムの作者は私です。

プログラムを友達のE君に見せたら、

「これ、ベーマガに送っていい?」と聞いたので、

「いいよ」と返事をしたのが、事の始まりです。

E君は文章を書き、プログラムの注釈を「キョウリョク マツバラ」に修正して、投稿しました。

自分は「絶対に載らないだろう」と、たかをくくっていたのですが、それが掲載されて、原稿料まで取られてしまって、ショックを受けました。これで友情が壊れることは無かったんですが、、、。

これを機に自分もベーマガに投稿するようになりました。

そうしたら、2か月後の5月号には自分の「ニルナノーグ」が掲載されて、次の6月号には「カモーン」が掲載されました。

その6月号の本文がこちら。↓

f:id:nicotakuya:20200708142506p:plain

ベーマガ1991年6月号

『「アルケー」みたいな短編の名作を作ってみたいよ、**君。』

本当の作者は自分だよという、E君だけに通じるネタでした。

 

 


アルケー(ベーマガ1991年3月号)