レトロゲームの語源の話

f:id:nicotakuya:20210109155903j:plain

レトロゲーム」の間違った使い方

これは、「いろいろ作りながら学ぶ!Python入門」というムックからの抜粋です。ドット絵を動かすゲームのことをレトロゲームと呼んでいて、本来の意味とは違ってしまっています。

誰がこんないい加減な記事を、、、すみません、私です。これはライブラリの名称が元からレトロゲームエンジン」なので、こういう表現になっています。ごめんなさい。

 

f:id:nicotakuya:20210111013027p:plain

「レトロゲーミング」なる新語

あと、海外の書籍では「レトロゲーミング」という新しい言葉も使われてました。これは、どうやら「見た目がレトロなゲームを遊ぶ(or 作る)こと」をそう呼んでいるようです。

 

レトロゲーム」という言葉は定義があいまいすぎて、どうも良くないと思います。言葉の定義がガバガバすぎるので、使い勝手が良すぎです。世のゲームは「レトロゲーム」と言っておけば高確率で当てはまります。どんなゲームも古くなります。

物理的な古さ、または見た目の古さで「レトロ」と言ってしまうことがモヤっとしてしまいます。良質なゲームは良質であるほど内容は古くなっていないわけで、ある意味レトロじゃないわけです。それなのにレトロ呼び。そこまでしてレトロ呼びしたいのは、どういう理由なのか。

 

「20年経ったらレトロゲームと呼んでもいい」というルールは、ちょっと無理がある気がします。20年で何がどうなるという根拠ってあるのでしょうか。どれをレトロゲームと呼べ/呼ぶなという不毛な議論が続きそうな。

映画だと「マトリックス」や「ファイトクラブ」は公開から20年以上経ちましたが、これを「レトロ映画」と呼びません。そういうカテゴリが元から必要ないってのがあります。相当古いものには「クラシック映画」みたいな表現はありますが。

ゲームに「レトロ」のカテゴリは必要なのか? って話になります。中古業者さんは無いと困るのでしょうか。レトロゲーム以外の、もっと別のうまい表現があったらいいのですが、思い付きません。誰か考えて欲しいです。

 

で、ここからが本題ですが、レトロゲーム」という言葉が、いつどうやって誕生したのかベーマガのバックナンバーで調べてみました。しかし、「レトロゲーム」の発祥がベーマガだとは思えないので、情報源としてはかなり弱いです。無謀ですね。もっと有力な情報をお持ちの方はお教えください。

 

まず、ベーマガを読み直して気が付いたのが、「レトロブーム」という謎のムーブメントです。たとえば、次のような記述があります。

 

・1987年5月号 235ページ「アルカノイド以来のビデオゲーム界のレトロブームが」
・1987年7月号 95ページ「もろにレトロブームに便乗してますね」
・1987年7月号 168ページ「ゲームの世界もレトロブームかもしれません」
・1987年7月号 235ページ「レトロブームを反映したのか」
・1987年9月号 289ページ「レトロブームなどとこだわらずにビデオゲームは歴史の浅い物ですから」(見城さん談)
・1987年10月号 115ページ「騒がれていたレトロブームも過ぎ去った観がありますが」
・1987年10月号 172ページ「レトロブームにのったつもり」
・1987年10月号 237ページ「ビデオゲームレトロブームが進む今日この頃」
・1987年12月号 246ページ「レトロブームを受けてのリメイク路線」
・1987年12月号 302ページ「ビデオゲームにもとうとうレトロブームが巻き起ったようです」
・1988年1月号 103ページ「レトロブームでのりにのっているブロックくずしです」
・1988年1月号 268ページ「レトロ(懐古)が流行りだそうだ」

 

、、、どうやら、1987~1988年の日本は「レトロブーム」だったようです。しかし、これについては検索してもヒットしませんし、自分は全く心当たりがありません。

もう謎すぎて不気味です。

あと、1988年8月号掲載の「チャレンジ!PCエンジン」では、ナムコの「ギャラガ'88」について「ギャラガレトロブームに乗ってリメイクされた」と紹介しています。恐るべし、レトロブーム

想像ですが、このレトロブームに影響されて「レトロゲーム」という言葉が誕生したのではないでしょうか。

 

f:id:nicotakuya:20210111011215j:plain

ベーマガ1989年2月号315ページより

謎のレトロブームから約1年後。これは「レスキューAVGRPG」という質問コーナーの中に新設された「レトロAVGRPGというコーナーです。「レトロゲーム」呼びじゃなくて、「レトロAVGRPG」なのが惜しいです。

この「レトロAVGRPG」の誕生については、レスキュー隊員の清水毅さんが次のように語っています。

「これは、あまりにも古いゲームなので質問しても答えてくれないんじゃないかと不安に思っている読者のために設けたコーナーだ。我々、レスキュー隊は、9月号の青木クンの言葉にもあったとおり、新しいゲームだろうと古いゲームだろうと差別をしないのがポリシー。」

、、、さすが、良いこと言う。
このコメントを読んで腑に落ちましたが、自分はレトロゲームって言葉に差別的なものを感じてて、それでモヤっとしてたわけです。 

 

あと、この記事に出てくるゲームは1983年発売の「デゼニランド」です。掲載当時からすると、6年前のゲームですが、これを「レトロだ」と認識しているのが面白いです。今だと1989年のゲームもレトロです。

それにしても、11歳の少年が十字架で2年間悩んでいるというのはあまりに酷ですね。ハドソンの開発の人は反省したほうがいいのでは。

 

f:id:nicotakuya:20210111011024j:plain

ベーマガ1989年11月号301ページより

ありました。ベーマガで見つけた最も古いレトロゲームです。

(*見落としている可能性があるので、間違っていたらお教えください。

1989年10月号に「レトロ・ゲーム電卓」という投稿がありますが、微妙に意味が違うので除外してます。)

 

「読者の意見 ホンキでPlay ホンネでReview!!」というコーナーのSさん(16歳)の投書です。個人情報保護に配慮して名前をイニシャルにしました。投書の内容は、レトロゲームドアドアmkII」を久々に遊んだら感動したというものです。

しかし、「ドアドアmkII」の発売が1985年で、この記事が1989年。、、、4年前のゲームをレトロゲーム呼び?! これはどういうことでしょうか。先ほどは6年前のデゼニランドがレトロ扱いでしたが、昔のレトロゲームはそれほど昔ではなかったようです(日本語おかしい)。これは、ゲームの進化があまりにも激しすぎて、時間差があまりなかったということでしょうか。やはり、レトロゲームという言葉は定義がガバガバです。

ちなみに90年代中盤までで、「レトロゲーム」という言葉を使うライターさんは見当たりませんでした。

 

f:id:nicotakuya:20210111012459j:plain

ベーマガ1989年12月号 テクナートの広告より

ここにも「レトロゲーム」がありました。テクナートの広告です。

Sさんの投稿から1か月遅れです。以後、テクナートの広告では「レトロゲーム」という言葉を何度も掲載しています。文字が小さいので、これで世間に広まったっていう可能性はなさそうです。

 

f:id:nicotakuya:20210111012718j:plain

ベーマガ1986年11月号288ページより

あと、レトロゲームといえば見城こうじさんというイメージ(偏見)があるのですが、見城さんは1986年の時点で「オールド・ゲーム」という言葉を使っています。ベーマガ史的にレトロゲームが登場する3年前ですね。

この頃からもう懐かしのゲームを捜し歩いているあたりがもう筋金入りです。恐れ入ります。

 

f:id:nicotakuya:20210111013302j:plain

ベーマガ1998年2月号より

「オールド・ゲーム」というフレーズはあまり浸透していないように思えますが、ベーマガ内では「ビデオゲーム CLASSIC GUIDE」というコーナーで毎号使われていました。「君よ、オールド・ゲームを語れ」という煽り文句が熱い。

ビデオゲーム CLASSIC GUIDE」はベーマガ1998年9月号まで載り続けるという超長期連載でした。このコーナーって担当者が書いていなくて不思議だったのですが、ALL ABOUT ベーマガによると見城さんだったとのこと。

 

ヤフオクの違法コピーカートリッジ

f:id:nicotakuya:20210107220222j:plain

ヤフオクにて。ファミコン用「R-TYPE

ヤフオクをなんとなく眺めていたら、ファミコン用「R-TYPEが売られてました。7480円という結構いい値段です。

 

f:id:nicotakuya:20210107220604p:plain

AliExpressより。ファミコン用「R-TYPE」。

どうせ中国製だろうと思ったので、AliExpressで検索したら、あっという間に出ました。1779円です。ヤフオクで買ってしまった人は正規品じゃないことでダマされ、値段でもダマされたということになります。

気になるのはファミコン用「R-TYPE」の出どころです。メーカー公式のファミコン用「R-TYPE」は存在しません。どこかの超人プログラマが趣味で作って公開したのでしょうか? 公開した時点で著作権的・版権的にアウトですけど。どんな人が作ったのか気になります。

f:id:nicotakuya:20210107234329p:plain

「Magic Dragon」(の違法コピー)

検索したら、「R-TYPE」は「Magic Dragon」というゲームをハックしたものという情報がありました。Magic DragonもAliExpressでコピー品が売ってました。R-TYPEをすごいパクってるし、グラフィックがアレで、合法かどうか怪しいソフトですが、これも違法コピーして売るのか。

あと、画面の右上を見ると、存在しないはずのファミコン用「ギャプラスパックマンチャンピオンシップエディション」が売ってました。

この2本は「ナムコットコレクション/NAMCO MUSEUM ARCHIVES」で特典として収録されたSWITCH/PS4/Xbox One用の新作ゲームです。このゲームはファミコンのROMイメージをエミュレーションで動かすという特殊な仕様になっていますので、何らかの方法でROMイメージを抜き出してファミコンのカートリッジとして焼き込んでいるものと思われます。実在のマッパーを使っているので、こんなことが可能となっています。どっちにしても、違法コピー品ですね。

 

f:id:nicotakuya:20210107220725p:plain

ヤフオクより。ギャプラスの違法コピー品。

ヤフオクギャプラスで検索したら出てきました。もの凄い値段を吹っかけてます。さいわい入札0ですが、これを本物だと勘違いして買ってしまう人って居るんでしょうか。ヤフオクの運営の人はちゃんと取り締まったほうがいいのでは。

いま、気が付きましたが、さっきのR-TYPE同じ出品者ですね。なにをどう思って、R-TYPEの2倍以上も吹っかけたのか、気になるところ。

f:id:nicotakuya:20210107220822p:plain

AliExpressより。違法コピー品がいっぱい。

AliExpressの画面です。またもや値段が1779円

この画面、合法ソフトが一本もないという凄い状態です。レアソフトの「ギミック!」をチョイスしてあったりと、コピー業者は抜け目ない。

強いて言うと「アマゾンのダイエット大作戦」(画面右のピンクのカートリッジ)は無料配布のファミコン用ROMイメージなので、もともとは売りものじゃありませんが。それをわざわざカートリッジに焼いて勝手に売ってしまうところが恐ろしい。

www.ancient.co.jp

f:id:nicotakuya:20210109071109j:plain

メガドライブダライアスの違法コピー

あと、ヤフオクメガドライブ用「ダライアス」がありました。これはメガドライブミニからROMイメージを抜き出した違法コピー品です。ラベルがもう見るからにセンスがないので、正規品だと思う人は居ないはず。、、、って、またまたR-TYPE同じ出品者ですね。業者か何かですか。もう、このアカウントから辿った方が早そうな気が。何がどうなって、R-TYPEの半値になってるのか謎です。

ヘリコプターうるさいです

f:id:nicotakuya:20210104153812j:plain

ヘリコプターがうるさい

ほぼ毎日、ヘリコプターが都庁付近を飛びまわってうるさいのですが、どこのテレビ局に文句言ったらいいんでしょうか。ヘリは見えるか見えないかというサイズなのに、工事現場なみの騒音です。ここまで連続して飛ぶことは今までなかったのでは。

東京っぽいイメージ映像を撮りたい。という、ふわっとした目的でこちらのストレスになるのが理不尽。

f:id:nicotakuya:20210107220246j:plain

丸のところが現在地

参考までに1月6日のANNニュース(youtubeより)。丸の部分がウチの会社が入っているマンションです。

 

第1回パソコンゲーム大会と大打撃の話

f:id:nicotakuya:20201231011211j:plain

ベーマガ1990年5月号より

ベーマガの1990年5月号を読み直してたら「第1回パソコンゲーム大会」という謎のイベントに気が付きました。たぶん、イラストは赤井孝美さん

開催日は5月3日~4日の2日間で、参加費が7800円。合宿込みだと15800円!? まず寝泊りすることに驚きですが。

よく考えると、このイベントの形式って「日本SF大会」と同じですね。海外ゲストを売りにするのも同じ。価格帯・開催期間もだいたい同じ。主催がゼネラルプロダクツ(岡田斗司夫さん)なのも同じ。

1990年当時のゼネラルプロダクツはワンダーフェスティバルも運営していて、1~2年前に「トップをねらえ!」がヒットしていて、向かうところ敵なしという時期。

ゼネラルプロダクツ=ガイナックスは1989年からパソコンゲーム(エロゲー)を売り始めたが、当時は裏で怪しい仕事をやっているという印象。一般作品のプリンセスメーカーがヒットするのは翌年の1991年。

このイベント、「パソコンゲーム版のDAICONをやったるで」と意気込んで企画したのではないでしょうか。SFマニアには普通なのかもしれませんが、パソコンマニアからすると、かなり異質です。5月のイベントを4月発売の雑誌で募集するって。もしかして、参加者が集まらなかったのでは、、、。

DAICONとは大阪で開催した日本SF大会のことで、検索すれば一杯出てきます。オタク同士の共同作業が奇跡的に成功し、数々の映像作品が残っています。実写ドラマの「アオイホノオ」ではDAICON3のOPが無事に?放送されましたし、庵野ウルトラマンは今でも合法的にソフトを買うことができます。ゼネプロがなければEVAは生まれなかった、ってのは言い過ぎか。

今のガイナックスの凋落ぶり。オタク同士の共同作業がいかに難しいか。

 

一方、パソコンゲーム大会はどんな結果だったのか情報がありません。なにかの媒体に記録が残っていないでしょうか。

上の広告によると、ロバート・ウッドヘッドさん(ウイザードリィ)、ロード・ブリティッシュさんウルティマ)って、ありえないくらいの豪華ゲストですね。ジム・ブラッドレーさんが誰だかわからないのですが、知ってる人は教えてください。デビッド・W・ブラッドリーさんの間違いでしょうか。

f:id:nicotakuya:20201229012551j:plain

ベーマガ1990年3月号、337ページより

ベーマガの巻末には毎号「SOFTWARE HOUSE HOT INFORMATION」というスポンサー用のページがあるのですが、90年3月号(先の広告の2か月前)のファミリーソフトのページに岡田斗司夫さん・赤井孝美さんの名前が載っていました朝日ソノラマの「エリアルコミック」という雑誌で刑事大打撃の漫画を連載してて、ガイナックスが編集していた関係でしょうか。ファミリーソフトの社長・宮川総一郎さんは大打撃の原作者ですが、実は漫画家・小説家というもの凄い人ですね。「水谷潤」という別名義もあります。経済漫画が当たって、それを題材にしたファミコンゲームも88年に出てます。作画の藤宮幸弘さんとのコンビ作品も結構あります。ゲームだと藤宮さんが大打撃のプロデユーサーとクレジットされてる時もあって、役割分担がよくわからない

f:id:nicotakuya:20210102155012j:plain

宮川総一郎さんの漫画をゲーム化。開発はソフエル

ちなみに「エリアルコミック」はSF小説「ARIEL」の漫画版が載っているという雑誌でした。ARIELは今でいうラノベです。カセットテープになったり、OVAにもなってます。

ベーマガ90年3月号のファミリーソフトのページは「無敵刑事大打撃 史上最大の犯罪」というアドベンチャーゲームの広告なのですが、オウム真理教ネタだし、下ネタ連発だし、すごく反応に困ってしまいます。たぶん、ベーマガ史上で最も危険なページだと思います。

「(無敵)刑事大打撃」シリーズは1987年に1作目がMSX2AVGとして発売して、以後、何本か出て、2003年にWindows用で復刻して、今は同人ソフトとしてboothで販売しています。

booth.pm

2020年には大打撃のドラマCDも出ていますね。1作目から33年。この作者さんの尋常ではない熱意。

あと、「刑事大打撃」で検索して一発目に出てきた記事がこちら。

jp.ign.com
記事はデジゲー博2018で大打撃の小説を売っていたという内容です。これに出てくる「奈須蛍路」という人物。先日発売したメガドラ版「マッドストーカー」にも深く関わっているようですが、一体、誰なのだろう、、、? 

そういえば、自分もデジゲー博2018を見物していたのですが、大打撃ブースは思い切りスルーしてました。あとでカタログを見直すと、こんな感じ。

f:id:nicotakuya:20201230203909p:plain

デジゲー博2018カタログより

この「FC」はファンクラブの意味。表面上は版権を持ってないですよっていうアピールですね。

boothの商品ページを辿っていくと、デジゲー博で売ってた大打撃の小説が無料で公開されてますが、驚いたことに21世紀になっても、オウム真理教ネタなんですよ。まあ、オタク的ってことでいいのかなという気もします。

 

あと、「奈須蛍路」で検索すると、「桜木優美子の事件簿 ~桜木優美子 人生最悪の日~」という電子媒体の小説が出ます。

books.google.com

表紙で奈須蛍路水谷潤の名前が並んでいます。

そして、1ページ目の人物紹介で、もう「大打撃」のイラストが出てきます。萌えラノベは偽装か!?

どれだけ大打撃が好きなんだ、、、。これはもうライフワークですね。

 

 

パソコン落語とサバッシュの話

今、お笑い芸人の「野田クリスタル」さんが人気ですね。特に自作のゲームとの掛け合いでお笑いネタを披露するのが話題になっていたと思います。HSPでゲーム作ってるってのがビックリですが。

番組内では「史上初のオリジナルゲームを使ったネタ」とナレーションが流れてましたが、「オリジナルプログラムを使ったネタ」ならば、他に先駆者が居ます。

三遊亭円丈さんです。圓丈とも書くみたいです。

 

f:id:nicotakuya:20201227091437j:plain

パソコン落語(ログイン1983年11月号より)

「これからはパソコン落語に燃えるんです」と題した円丈さんのインタビュー記事の抜粋(アスキーの雑誌「ログイン」1983年11月号)。

高座にパソコンを置いて、パソコンと掛け合いをやってます。今から37年前ですね。ブラウン管のモニターがゴツい。

 このインタビューの中で、自分はプログラムが組めるので、お笑いのゲームを作って出したいという主旨の発言をしているのですが、小学館の雑誌「ポプコム」で、わりと早いうちに実現します(1985年あたり?)。

 

その後、円丈さんは「ポプコム」でパソコンゲームの批評を連載。その記事は「ハマッた!円丈のドラゴンスレイヤー という1冊の本になって出版されてます。副題が「(1)シミュレーションゲーム編」ですが、「2」はありません。

 

さらにその後、円丈さんはポプコムソフトの「サバッシュ」というRPGシナリオを担当しています。元々、FM-7が好きで、たぶんドラゴンスレイヤーも好きだろうし、ファルコム・リスペクトなゲームを作りたがるのは必然だなーという気がします。

PC-8801mkIISR版「サバッシュ」が発売されたのが88年。ドラスレ4「ソーサリアン(87年)」とドラスレ5「ドラゴンスレイヤー英雄伝説(89年)」の中間のタイミングで出ています。あと、グローディアは89年に「エメラルドドラゴン」を作ってヒットしますが、いろいろサバッシュから頂いてるふしがあります。

 

「サバッシュ」については円丈さんのWebサイトのアーカイブでコメントがあります。 

https://web.archive.org/web/20180813075812/http://enjoo.com/fan/en_leamono1.htm

プログラマーとデザイナー(グラフィックの?)と大喧嘩をして、プロジェクトから手を引いて、クレジットには円丈さんの名前が載っていないとのことです。この時の開発はグローディア。

 

それで終わったのかと思ったら、円丈さんは5年後に「サバッシュ2」でもシナリオを作っています。フロッピー5枚組の超大作。すさまじい執念ですね。開発はまたまたグローディアらしいのですが、どうやって仲直りしたのでしょうか。

 

先に紹介した「ハマッた!円丈のドラゴンスレイヤー」ですが、なんと「マンガ図書館Z」で無料で読めます

www.mangaz.com

ちなみに、この「マンガ図書館Z」を運営しているのが、赤松健さんで、赤松健さんはボーステックの「パラディン」を作っていますRPGつながりですね。

、、、で、さっそく、読んでみましたが、独特のバッサリとした文体ですね。ゲーム愛を感じますが、間違いをズバっと言い切る厳しさ。これはいかにも喧嘩になりそうな。ズレたことは言ってないので、アングリー・ビデオゲーム・ナードの活字バージョンみたいなものだと解釈できますが。この本が出たのが、わりと後のことなので、サバッシュ関連のエピソードも補足されています。こっちでは「プログラマーと対立した」と書かれてますね。そういえば本の中身がドラゴンスレイヤーと関係ない

 

あと、「サバッシュ」で検索して気が付きましたが、ホエー桑田という方のサイトで、X68000版サバッシュのディスクイメージが無料配布されてました。ホエー桑田さんはX68000版のプログラムを担当していた方だそうです。

www.quarter-dev.info

公開しているディスクイメージは2003年版と2016年版がありますね。

f:id:nicotakuya:20201227152554p:plain

X68000版サバッシュ(無料)

ためしに2016年版をダウンロードして、エミュレータで実行してみました。問題なく動きますね。あと、本作のシナリオですが、やはり円丈さん特有のバッサリとした文体ですね。ただ、容量も解像度も限られてたパソコンゲームの中では、それがマッチしているような気がします。古風な言い回しも馴染んでます。記号化するって大事だなと思います。

しかしこれ、無料配布しちゃって大丈夫なんでしょうか。ライセンスの表記がないので不安になってきます。