XE-1AP互換品を作ってPCエンジン版「アフターバーナーII」を遊ぶ

高すぎる「XE-1AP」の中古品にブチ切れてスタートした「XE-1APの互換品を作る試み」。その後、「12種類に対応するパッド変換器(12way pad converter)」という万能パッド変換器のプロジェクトに統合しました。

1年半くらい続いていて、まだ完成していません。

 

メガドラ版「アフターバーナーII」をアナログモードで遊ぶことには成功していたので、今回はPCエンジン版「アフターバーナーII」をアナログモードで遊んでみました。PCエンジン側はXHE-3を中継したXE-1APとして認識します。

操作は以下のように割り当てました。

・R1→A(空対空ミサイル)

・R2→B(バルカン砲)

・START→START

・右スティックY→スロットル(スピード)

・左スティックX&Y→スティックX&Y(上下左右移動)

 

PCエンジン版「アフターバーナーII」はハードの限界を超えてて、奇跡のような出来。本作について、ファミ通(1991年2月22日号)で「ぜんぜんおもしろくない」と書かれていたんですが、あれは一体、何だったのか?

PCエンジンアフターバーナーIIがアナログパッドに対応している」ということは、説明書には載っていません(スタッフクレジットに「ANALOG DRV」の文字だけ載ってます)。発売直後は秘密でした。サイバースティックでも遊べますが、パソコン用の周辺機器なので、公式では認めてないんじゃないかと思います。

公式で認めているのはXE-1APだけです。変換器のXHE-3が発売されたのは1992年なので、XE-1APを持っていてもPCエンジンで使えない、という地獄のような期間が1年以上続いていたことになります。

 

www.youtube.com

 

最初、アフターバーナーIIをプレイしたら、スティックのX軸とY軸が入れ違って動いてしまって、そこで、自分の資料にミスがあることを発見(1年半ぶり)。

過去に作ったプログラムも全部X軸とY軸が逆になってて、あわてて直しました。なんともお恥ずかしい限り。

 

ちなみに「アフターバーナーII」の開発はビッツ・ラボラトリー。プログラマさんはサターンBASICと同じ人です。

 

話を戻すと、「12種類に対応するパッド変換器」は回路図なしで、いきなり基板を作ったら、干渉したり、パターンのミスがあったり、問題点が噴出しまくってました。このまま、素材ゴミになるところを、ドリルで復活。

この基板の代金で、XE-1APが買えます。

 

プレステ用のコネクタは、Kingworldさんの「2pcs Black 9 Pin 180 disgree Female Connector Game Controller Socket Slot for PS2 Console for playstation2 accessory」というのを買ってみました。価格は2組セットで136円+送料。端子の素材が良くなくて、うまくハンダがくっ付きません。

 

秋月で580円で買ったOLED(SSD1306)を搭載。応答性が良いです。モノクロ128x64pixelなので、VRAMを確保するだけで1KBも使ってしまいます。

自作の8x8pixelフォントを二倍に拡大して表示しています。

 

対応するパッドの数が増えてしまって、14だったり15だったりするので、「Multiway pad converter」と名称を変更しました。

メガドラ6ボタンパッド、アルカノイドコントローラ、クレイジークライマー専用コントローラ、セガマウスの互換品作りもこのプロジェクトに統合しています。

最新版のファームウエアと回路図はこちらで公開中。Arduino Pro miniがあれば動くので、ブレッドボードで再現することも可能です。

github.com

 

問題点を直したバージョン。安全が確認できたら、基板のCADデータもそのうち公開します

 

(2022/06/22追記)コネクタの位置が気に入らなかったので、直しました。基板の面積を約15%縮小。ネジ穴をCタイプ基板に合わせました。

さすがにこれに25,000円は払えないので、何かの別の機会があった時に作りたいです。

 

(2022/6/27)サイズをさらに縮小。右のプレステのコネクタは端子をL字にすると、もう8mmくらい小さくできるはず。

 

nicotakuya.hatenablog.com

nicotakuya.hatenablog.com