REGZAの故障の話

5年前に13万円で買ったテレビ(REGZA 43Z700X)ですが、こんな感じに画面の半分が暗くなってしまいました。バックライトが消えてます。 検索すると、同じの症状の方がたくさん見つかりました。同じ機種の方も居ます。ちょっと故障しすぎでは? その後、「東…

日経ソフトウエア2023年3月号

24日発売の「日経ソフトウエア2023年3月号」で2件ほど記事を書かせて頂きました。 ・特集「将棋アプリを作ろう(後編)」。前回の将棋アプリを改良して、ネットワーク対戦ができるようになりました。開発環境はPythonです。 ・連載「IoT時代の電子工作 第8回…

「Multi-way pad converter」のファミコン版アルカノイド専用バージョン

「Multi-way pad converter」のファミコン版アルカノイド専用バージョンを作ってみました。 いままでは100円ショップで売ってるケースを加工して使っていましたが、今回は3Dプリンタでケースを自作しています。もうドリルで穴を開けたりする必要がなくなって…

3Dプリンタで合体スペーサを作る(その2)

合体スペーサの改良版、厚さ3mmの極薄バージョンを作ってみました。ハンダ面のトゲトゲを覆い隠すことができます。 上記の写真のは基板の都合でねじが3本しかないので、安定感が良くありません。 さらに改良して、プリント基板を壁で囲んでしまうバージョン…

3DプリンタでPCエンジン用カードのプラ板を作る

3DプリンタでPCエンジン用カードに使うプラ板を作ってみました。 プリント基板の厚さが1.6mm。プラ板が約0.5mm。合わせて約2.1mmになります。今までは牛乳パックを切り抜いたり、クリアファイルを切り抜いて、基板に貼っていましたが、厚みの調節に手間取っ…

3Dプリンタでファミコン用カートリッジのシェルを作る

3Dプリンタでファミコン用カートリッジのシェルを作ってみました。 今回は設計ミスを連発してしまって、4作目でやっと完成しました。これはスロットに入らないという失敗例です(2作目)。 Blenderで作ったCADデータです。スペーサの取り付け位置は自作の基…

3Dプリンタでゲームボーイ用カートリッジのシェルを作る

3Dプリンタでゲームボーイ用カートリッジのシェル(ガワ)を作ってみました。 中身はこうなっています。 3D CADデータです。Blenderを使っています。 ゲームボーイ本体に挿し込むとこうなります。今回は珍しく一発で完成しました。

3Dプリンタで万力を作る

3Dプリンタで万力(バイス)を作ってみました。大きなねじを作ってみたかったので、手ごろな題材として万力を選びました。 万力は全部で4つのパーツに分けました。 挟む部分の片方はハメ込み式にしてみました。スリットを付けて、挿し込む時に曲がるように工…

3DプリンタでPC-6001用カートリッジのシェルを作る

3DプリンタでPC-6001用カートリッジのシェル(ガワ)を作ってみました。 単に箱を作って基板を入れるだけだと面白くないので、PC-6006みたくカードエッジ部分にカバーを付けてみました。リング状のバネでカバーを押し戻します。 これは失敗例。 カバーが引っ…

3Dプリンタで合体スペーサを作る

3Dプリンタで「4本が合体済みのスペーサ」を発明してみました。「合体スペーサ」と名付けましたが、もっといい名前があるかもしれない。 サイズはBタイプ基板用とCタイプ基板用の2種類です。 従来の自分の作品はこんな感じです。今までは、スペーサとねじ/…

3Dプリンタでスーファミ用カートリッジのシェルを作る

スーパーファミコン用カートリッジのシェル(ガワ)を自作するという試み。最終的には3Dプリンタを使いましたが、そこに至るまでの途中の作品も紹介したいと思います。 厚紙で作ったシェル まず、最初に作ったのが、紙製のシェルです。これは、強度が足りな…

3DプリンタでX68000風のラズパイケースを作る

X68000風のラズパイケースを3Dプリンタで作ってみました(まだ未完成ですが)。 以下に作り方を紹介します。 まず、実物の寸法を測ります。 図面を描きます。ところどころアバウトです。 以前、ヘルメッツ製のX68Kラズパイケースを買いましたが、ラズパイを…

3DプリンタでMSX用カートリッジのシェルを作る

MSX用カートリッジのシェル(ガワ)を3Dプリンタで作ってみました。AliExpressで探しても売っていないので、もう自作するしかありません。 私自身、数日前に3Dプリンタを触ったばかりで完全に初心者です。まずは、ググって調べるところから始めました。 モデ…

Anycubic Kobra Go(激安3Dプリンタ)

Amazon.co.jpで「Anycubic Kobra Go」という3Dプリンタを買ってみました。自分が買った時は値段は2万2000円くらい。さらにキャンペーンで1kgのフィラメントがオマケで付いてました。いくらなんでも安すぎです。 www.youtube.com 組み立ての様子を動画にして…

日経ソフトウエア 2023年1月号

2022年11月24日発売の「日経ソフトウエア 2023年1月号」で2件ほど記事を書かせて頂きました。 ・特集、将棋アプリを作ろう。 ・連載、IoT時代の電子工作 第7回目。 将棋アプリはPythonで作りました。 「IoT時代の電子工作」はオーソドックスなLEDの点灯/消…

「ドルアーガの塔」の60面クリアの話

アーケード版「ドルアーガの塔(1984年)」の全60面クリアを達成したスコアラーについてメディアはどう伝えたのか。自分が知っている範囲で、次の6つの情報源があります。 (A)1984年8月末、「アミューズメントライフNo.21」の「全国のハイスコア速報」 (B…

ベーマガの歴史と大堀康祐さん

雑誌「マイコンBASIC Magazine(ベーマガ)」における大堀康祐(うる星あんず)さんのご活躍をまとめてみました。大堀さんといえば、付録の「スーパーソフトマガジン」の「マッピー」と「ゼビウス」の攻略記事が有名です。ベーマガ以外でのご活躍が多いので…

日経クロステックのレトロゲーム機プログラミング記事

xtech.nikkei.com 以前、「日経ソフトウエア」に自分が執筆した記事が「日経クロステック」に連載形式で掲載されました(全5回)。 ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジン、メガドライブのプログラミング方法について広く浅く解説しています。ユーザー登録す…

リング オブ サイアス

1996年4月12日発売。プレステ用ゲーム「リング オブ サイアス」を遊んでみました。 開発はアテナ。CEROマークが無かった時代の作品。 広告はベーマガに計3回掲載されました。 コンセプトとシナリオを手塚一郎さんが担当。こうして、ライターさんが実際にゲー…

日経ソフトウエア2022年11月号

日経ソフトウエア2022年11月号で「IoT時代の電子工作」の連載記事を書かせて頂きました。今回は手を振るマシンを作ってみました。

飛車 or PC-6001mkII

プロジェクトEGGで配信している「飛車 or PC-6001mkII」を遊んでみました。会員なら無料でダウンロードできます。 ゲームパッドに対応していて、コンピュータの思考時間が短くて、快適に遊べます。実機よりも高速化しているのでしょうか? 一瞬、表示される…

ザナドゥ for MSX

プロジェクトEGGで配信している「ザナドゥ for MSX(1987年)」。発売日は1987年11月6日。当時は容量2Mビットのカートリッジとして発売されました。 PC-8801版との違いを確認するために遊んでみました。アイテムショップもしっかりありますが、値段が高すぎ…

スタークルーザー for X68000(ネタバレ、その4)

nicotakuya.hatenablog.com 前回の続きです。ネタバレ満載なのでご注意ください。 惑星シードのバーに行くと、スドウが惑星リーチェンに居るという情報を得る。完全にたらい回し状態。スドウ探しの旅が終わりません。 シリウス星系に向かう途中、ソル星系に…

スタークルーザー for X68000(ネタバレ、その3)

nicotakuya.hatenablog.com 前回の続きです。ネタバレ満載なのでご注意ください。 魔白狼のリーダーを倒し、宇宙考古学者を救出。見た目がもろにアイザック・アシモフさんです。 宇宙考古学者を惑星ハリウッドまで連れて行くと、今度はバーナード星系のオー…

スタークルーザー for X68000(ネタバレ、その2)

nicotakuya.hatenablog.com 前回からの続きです。ネタバレ満載なのでご注意ください。 リジルケント星系のアクシア1というステーションで連邦軍のヨシュア・エイクロイドに会う。アクシス3のテロリストの殲滅を命令されます。 アクシス3。テロリストと戦っ…

スタークルーザー for X68000(ネタバレ、その1)

プロジェクトEGGで配信中の「スタークルーザー for X68000(1989年)」を遊んでみました。ポリゴンの3D表示を採用したアクションRPGです。パッケージには「3D SPACE ADVENTURE」と書かれています。プロジェクトEGGではX68000版の他にもPC-8801版(1988年)と…

Ys III for PC-8801(ネタバレ)

プロジェクトEGGで配信している「ワンダラーズ フロム イース(イース3)」を遊んでみました。「イース大全集」に収録されているPC-8801mkII SR版です。 個人的なことを言うと、「イース3」をプレイするのは今回が初めてです。当時、「イース3」は愛機だった…

リバイバル ザナドゥII for PC-9801(ネタバレ)

プロジェクトEGGで配信中の「リバイバルザナドゥII for PC-9801」を遊んでみました。1995年4月28日に「リバイバルザナドゥ」が発売。12月8日にはマップやモンスターを差し替えた「リバイバルザナドゥII」が発売されました。本作はところどころに「ザナドゥ …

ハイドライド for X1(半キャラずらしの確認)

プロジェクトEGGの20周年キャンペーンで「ハイドライド for X1(1985年)」が無料配信してるので、遊んでみました。期間中(2022年8月23日まで)に入手してしまえば、その後も遊び続けることが可能です。 その昔、TAKERUで売っていたという「異次元バージョ…

「シルフィード for PC-8801」一応クリアしました

プロジェクトEGGで「シルフィード」を購入しました。価格は440円+会費550円/月。 今まで「シルフィード」は「蘇るPC-9801伝説(2004年)」の付録版を遊んでいたのですが、AREA10より先に進めませんでした。自分がヘタなだけですが。 特に手こずっていたのは…