NES用ゲーム「Micro Mages」

フランスの通販サイトで「Micro Mages」というNES用のゲームを買ってみました。価格は45ユーロですが、送料が加わって最終的には51ユーロ(購入時は約6400円)でした。

新型コロナウイルスの影響により、発送がかなり遅れました。なんと、注文してから届くまでに2か月ほどかかりました。無事に届いてよかったです。

f:id:nicotakuya:20200525224844j:plain

ファミコンでMicro Magesを動かす

ゲーム中の様子です。このゲームはNES/ファミコンに対応。さらにPAL/NTSCにも対応しているとのことです。

カートリッジの形状はNES用です。自分の場合はサイバーガジェット製のレトロフリーク用の変換アダプタ(ヨドバシで1980円)を使って、カートリッジをファミコンに接続しています。

プレイヤーや敵を8x8ピクセルで描くいう発想が素晴らしいですね。スプライト1枚で済むので、処理を大幅に軽減できます。今だと大画面で遊べるので、キャラの小ささも払しょくできるのではないでしょうか。

少し遊んでみましたが、丁寧に作ってあります。操作性が良くて、敵に攻略法があって、ちゃんとボスも出ます。容量はプログラムROMが32KB、キャラクタROMが8KBのようです。バンク切り替えがなくても、ここまでのボリュームのゲームが作れることに驚きです。

f:id:nicotakuya:20200523124500p:plain

4人プレイにも対応しているらしい

このゲームの最大のウリは4人プレイにも対応しているということです。NESでは、コントローラをいったん外してマルチタップを接続しますが、ファミコンでは外部端子にマルチタップを接続します。NESファミコンではプログラムの処理が違ってくるのですが、自動的に判別してるということでしょうか。

説明書によると、ファミコンの場合はポートは1番と2番を使ってくれ(3番と4番のポートが使えない)と書いてあります。つまり、プレイヤー1~2は備え付けのコントローラを使うということでしょうか。まだ未確認です。

 


ファミコンでMicro Magesを動かすまで